ヒルドイド

ヒルドイドは皮膚科の女医も推奨する最高の保湿クリーム!

最高の保湿剤ヒルドイドは自宅でお手軽通販!

個人輸入なら、自宅でヒルドイドを処方箋無しで通販できますよ!
自宅でヒルドイド通販
  • 全国送料無料でお届け!
  • 皮膚科やクリニックに行く暇がない方。
  • 処方箋無しで毎回ヒルドイドを自宅で通販したい方。
  • 皮膚科じゃできない「まとめ買い」をしたい方。

皮膚科の女医さん推奨の保湿剤ヒルドイドとは?

皮膚科医もすすめるヒルドイド

 

ヒルドイドは皮膚科で処方してもらえる薬で、「ヘパリン類似物質」とが主成分の薬剤です。

 

どうしてヒルドイドがここまで有名になったかと言うと、以前にモデルの梨花さんがアンチエイジングとして保湿剤ヒルドイドクリームを毎日塗ってるとブログで公表したことがきっかけじゃないでしょうか。

 

そこで火が付いたヒルドイドクリームですが、その後も皮膚科の女性さんもご自身のブログや美容クリニックのサイトでヒルドイドを最高の保湿剤と推奨し始めた記憶があります。

 

抗生物質などと違い、私たちの体内で生成されているヘパリンという物質に似た作用を持つため安全性が高く、アトピー性皮膚炎や敏感肌などの皮膚への刺激に弱い方でも安心して使うことができます。
 
ヒルドイドに代表されるヘパリン類似物質の特徴は以下です。

 

  • 安全性が高く副作用が起きにくい
  • 血行を良くして肌の新陳代謝を高める
  • 肌の再生を促進し、傷跡やケロイドなどのを修復を助ける
  • 肌の水分が逃げるのを防ぎ、保湿する
  • 肌荒れなどの炎症を抑える

 

上記の特徴を読むとわかりますが、ヒルドイドは皮膚に負担をかけずに肌を保護して肌のバリア機能を高める最強の保湿成分といえるでしょう。

 

もともとのヘパリンは肝臓で生成される、ヒアルロン酸などと同じグループに分類される物質で、体内の細胞と細胞の間で水分を保つ働きがあります。

 

血液の凝固を防いだり血行促進効果もあるため、医療用で使われる際は体内にできた血栓を溶かしたり、血栓予防などにも投与されることがあります。

 

このヘパリンに似た働きを持つ、天然由来成分ヘパリン類似物質を主成分として作られたのがヒルドイドです。

 

最近はヒルドイドをアンチエイジング、肌のバリア機能アップでしわの改善や肌のはり、つやのアップに使う女性が増えて、皮膚科でもあまり処方してくれないかもしれません。

 

そんな人気のヒルドイドですが、最近では個人輸入でまとめ買い通販をしている方も多いようですね。

 

自宅で簡単に通販でヒルドイドクリームを買えるんですが、処方箋が不要なこともメリットです。

 

忙しい女性がわざわざ皮膚科やクリニックに出向いて、いろいろ説明して何とかヒルドイドを入手するというのは面倒です!

 

うまく出してくれてもまとめ買いができないのも皮膚科のデメリットですね。

 

ここでヒルドイドの種類について簡単に説明しますね。

 

ヒルドイドはヘパリン類似成分の働きによって肌の保湿や保護を目的とした薬剤で、軟膏やクリーム、ローションタイプなどがあり、使用用途に応じて使い分けされています。

 

ヒルドイドを使用することで得られる最も大きな効果は肌の保湿力です。

 

皮膚細胞から水分を逃げにくくすることで肌の乾燥を防ぎ、新陳代謝を高め、再生を促進します。

 

ケロイドなどの傷跡を改善したり、肌荒れなどの炎症にも効果がありますし、ヒルドイドの成分は保湿力に優れているので、ひび、あかぎれ、硬くなったかかとやひざなどの角質といった、肌の水分が抜けることで悪化する皮膚トラブルにも効果を発揮します。

 

また、血液の凝固を防いだり、血流を良くする作用もあるため、血流を良くすることで改善が見込める青あざやむくみ、しもやけなどの治療にも使われます。

 

ここまで読んだ方はヒルドイドの効き目の多さに驚かれたかと思います。

 

保湿効果だけじゃなくて、特に女性の悩みで多い手のひび、あかぎれ、湿疹などに効くのはうれしいところです。

 

ヒルドイド自体に副作用はほとんどないため、皮膚が薄い場所や外部刺激に弱い部分などへ塗布するのには適している反面、広範囲への塗布はしにくく、皮膚への浸透力があまり強くないため皮膚が厚い部分では劇的な改善が期待できません。

 

一般的に市販されている保湿剤は、ワセリンなどの肌の油分を補い、水分が逃げないように肌に蓋をするタイプ、セラミドなどの細胞内にある水分や油分を補うタイプ、尿素などの角質のたんぱく質を溶かして柔らかくするタイプなどがあります。

 

ヒルドイドはこれらのどの保湿剤とも異なり、肌を修復・保護する働きがあるため、近年、ヒルドイドの保湿力や肌の再生効果に注目した女性たちに優秀なスキンケアアイテムとして認知されつつあります。

 

スキンケアの最後にヒルドイドを使うだけで、有効成分をしっかりと肌に浸透させることができ、皮膚トラブルの改善や美肌効果も期待できるからです。

 

ヒルドイドの使い方や塗る順番についても別のページで説明していますので、そちらも参考にして活用してください!

 

基本的にヒルドイドは処方薬のため、手に入れるには皮膚科などの病院で処方してもらわなければいけません。

 

近所のドラッグストアなどで購入できるものではないため、入手は少し面倒だと感じるかもしれませんが、皮膚科で肌が乾燥すると伝えればほぼ100%ヒルドイドが処方されるはずです。

 

 でも、先ほど書きましたようにヒルドイドは処方薬ですが、個人輸入では処方箋無しで通販できる時代です。

 

まとめ買いするとさらに安く買えますし、海外からですが送料無料で通販できるのもうれしいですね。

 

処方薬であるヒルドイドには「エアリート」「ビーソフテン」「セレロイズ」といった後発ジェネリック医薬品があり、成分や効果は同じです。

 

どうしてもわざわざ病院に行ってヒルドイドを処方してもらうのが面倒だというかたは、ヒルドイドと同じヘパリン類似成分を有効成分とする代替品を試してみるのも良いかもしれません。

 

市販品はヒルドイドよりもさらに広範囲に塗布しやすく、皮膚に浸透しやすくなる成分を混ぜてあるものが多くなっていますが、保湿効果はヒルドイドにかないません。

 

薬剤の有効成分表記に含有成分が記載されています。

 

もちろん皮膚科で処方するヒルドイドや個人輸入でかえる商品とは効果が異なるものだということは理解のうえ使うようにしましょう。

 

ヒルドイドはローション、クリーム、軟膏の3種類があります

ヒルドイドには軟膏、クリーム、ローションが

 

ヒルドイドは皮膚科で最も処方されるといっても過言ではないとても人気の薬剤です。

 

そのひとつめの理由はその安全性です。

 

ヒルドイドは私たちの体内にある成分ヘパリンにとても良く似たヘパリン類似物質でできており、副作用が起こりにくいのです。

 

そのため、皮膚にトラブルを起こしている方や、肌が弱い方など、薬剤を選ぶ必要がある場合にでもヒルドイドは安心して処方することができます。

 

ふたつめの理由は、保湿剤として非常に優秀であることです。皮膚科の先生が推薦するのですから間違いはありませんね。

 

ヒルドイドは肌の水分が逃げるのを防ぎ、外部からの刺激から皮膚を守る働きがあります。

 

また、ヒルドイドには血流を良くして肌の新陳代謝を高め、皮膚の再生を促進させる作用もあります。

 

そのため、ただの保湿剤としてだけでなく、優秀なスキンケアアイテムとして肌の保湿を重要視する女性たちから注目を浴びているのです。

 

そんなヒルドイドは医療機関から処方してもらうことで手に入れることができますが、処方してもらう際に3つの剤形のなかから選ぶことになります。

 

ちなみにですが、個人輸入でもヒルドイドを通販できますが、その場合はヒルドイドクリームの取り扱いが一般的です。

 

剤型とは薬を目的や用途に応じた形に製したものをいい、ヒルドイドの場合「軟膏タイプ」「クリームタイプ」「ローションタイプ」の3つがあり、医師が皮膚の状態や塗布する場所に応じて変更してくれます。

 

では、それぞれの剤形について説明していきます。

 

ヒルドイドの軟膏タイプは最も固体に近い剤形です。

 

患部にしっかりと定着してフタをし、薬の効きを良くする効果が一番高いのが軟膏タイプです。

 

同時に患部を覆って保護する効果も軟膏タイプが一番あります。

 

集中的に薬を塗布したい患部がある場合や、しっかりと有効成分の効果を浸透させることを目的とする場合は軟膏タイプがおすすめです。

 

ただし、軟膏タイプは剤形としては最も固いため、広い範囲に塗り広げるのには向いていません。

 

ヒルドイドの場合は、同じ軟膏タイプでもソフト軟膏といってやわらかいクリームタイプに似た剤形になっています。

 

これはヒルドイドの薬剤としての働きを考慮した剤形になっています。

 

ヒルドイドは広範囲に塗り広げる形で使用する方が多いため、あまり固い剤形にすると使いにくくなってしまいます。

 

そのためソフト軟膏という患部に留まる定着力と塗り広げやすさの両方を取り入れたものになっています。

 

ヒルドイドローションタイプは軟膏の逆で最も柔らかい液状です。

 

サラサラとした肌触りで伸びがいいため、患部が広い場合や頭皮に患部がある場合も地肌に塗りやすく浸透させやすいローションタイプが選ばれます。

 

薬で患部がベタベタするのが苦手だという方にも軽い付け心地でベタつきが少ないローションタイプがおすすめです。

 

軟膏タイプとは違い、患部にしっかり定着するのではなく薄く広い膜を張るようなイメージです。

 

クリームタイプは軟膏とローションの中間のような剤形で、程よい定着力と程よい伸びで適度に患部に塗布することができます。

 

凡庸性があるのであまり専門的でない医療施設によっては外用薬はクリームタイプを多く処方するというところもあります。

 

軟膏は伸びにくいので塗りにくく、広範囲に塗るにはヒルドイドクリームタイプが良いでしょう。

 

逆にローションは水っぽいため保湿効果は最も低いのがデメリットです。

 

筋肉痛や関節炎など、炎症を起こしている部分用の塗り薬としてヒルドイドゲルというゲルタイプのヒルドイドが処方されることがあります。

 

ヒルドイドゲルは、ヒルドイドの中で唯一”抗炎症作用”があるため、患部の炎症を鎮める目的で使用されます。

 

ヒルドイドを含む外用薬には、このように同じ薬剤でも剤形がいくつかの種類に分かれているものが多くあります。

 

いずれの剤形でも中の成分やその濃度に違いはなく、薬剤が患部に留まり薬の効きを良くするをことを重要視するか、それとも患部の場所やその範囲によって塗りやすさなどを重要視するかでどの剤形を選択するかが決まります。

 

ヒルドイドをスキンケア目的で使うなら塗りやすいローションかクリームタイプがいいですし、硬くなった角質の改善に使いたいなら定着力のある軟膏やクリームタイプがいいでしょう。

 

自分の状態でどの剤形を選べばいいのかわからないときや、処方された剤形ではないタイプのヒルドイドが欲しいときは、まずは中間タイプのヒルドイドクリームを選ぶと間違いはないでしょう。

 

ヒルドイドの効果とは

ヒルドイドの効果は

ヒルドイドは皮膚科などで処方してもらうことができる医薬品です。

 

肝臓で生成されるヘパリンという保湿物質と非常に良く似た成分のヘパリン類似物質が主成分なので、重篤な副作用が起きにくく、赤ちゃんからお年寄りまで、年代を問わず使用することができます。

 

ヒルドイドはもともとは血液の凝固を防ぐ薬として開発、研究されていたのですが、今では保湿剤としての効果のほうが有名だといえるでしょう。

 

しかしヒルドイドには単なる保湿剤では留まらない非常に幅広い使い道がありますので、その様々な効果について説明していきます。

 

まずひとつめの効果は「肌のバリア機能の回復」です。
 
私たちの肌細胞は適度に水分を含んだ状態であれば外部からの刺激を跳ね返すことができます。

 

ところが乾燥などで肌の水分が逃げてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい外部からの刺激を直に受けてしまうことになります。

 

ヒルドイドは肌から水分を逃げにくくすることで、バリア機能を回復させる効果があります。

 

すぐに肌が赤くなる、痒くなる等の症状がでやすい方は肌のバリア機能が低下しやすく、少しの刺激で皮膚トラブルを起こしやすくなっていますので、ヒルドイドを使って肌を保湿するのがおすすめです。

 

皮膚にひび割れやあかぎれが起きやすい方も、保湿クリームの代わりにヒルドイドを使うのも効果的です。

 

ヒルドイドの効果ふたつめは「血行促進」です。

 

ヒルドイドは血液の凝固や血行促進の薬として研究されていたので、血行促進について非常に有効な薬剤といえます。

 

そのため、皮膚に塗ると皮膚のすぐ下を流れる血管に作用し、血の流れを良くしてくれるのです。

 

たとえば冬によく起こるしもやけは、患部の血行不良が原因となって起こるので、しもやけの薬として抗炎症作用を持つヒルドイドが処方されることがあります。

 

抗炎症作用を持つヒルドイドは打ち身でできた痣や、筋肉痛、肩こり、関節炎にも効果があります。

 

ただし、血液の凝固を防ぎ、血行を促進させる効果があるので、出血している部分に使えば当然血が止まりにくくなります。

 

出血を伴う傷や、もともと血友病など血液疾患を持っている方はヒルドイドを使用してはいけません。

 

ヒルドイドの血行促進に付随する効果としてあるのが「傷跡の修復」です。

 

傷が治っていく過程で出きることがあるケロイドや肥厚性瘢痕(ミミズ腫れ状の傷跡)をきれいにしてくれると言われています。

 

ケロイドや肥厚性瘢痕は手術やステロイド剤による治療が一般的ですが、ヒルドイドを塗布することでも盛り上がってしまった傷跡を改善してくれる効果があります。

 

また最近では、血行が促進することで肌の新陳代謝が活発になるので、肌荒れやシミ、ニキビ跡を消す効果があり、肌がきれいになると美容に気を遣う女性の間でもヒルドイドが注目されています。

 

肌の新陳代謝(ターンオーバー)は細胞の生まれ変わりの周期のことをいいます。

 

肌の細胞は層になっており、新しい細胞が古い細胞をしたから押し上げていきます。

 

肌の表面まで押し上げられた古い細胞は垢となって剥がれ落ちしていくのですが、肌の乾燥や汚れなどの影響で古い細胞が剥がれ落ちずにそのまま皮膚に残り、ターンオーバーが遅れ、正しく行われなくなることがあります。

 

ターンオーバーの異常は肌荒れ、シミ、くすみ、たるみ、毛穴の開きなど、様々な肌トラブルの原因となりますので、ヒルドイドで新陳代謝を活発にして周期を正常に戻してあげると肌は本来のきれいな丈太に戻るのです。

 

肌トラブルは生活習慣やホルモンバランスの乱れなどにも影響を受けますが、ヒルドイドを使うことで肌の乾燥は防ぐことができます。

 

もちろんヒルドイドには美容液やアンチエイジング商品のような特別な効果はないので過剰な期待はできませんが、肌を保湿し血行を良くするだけで皮膚の状態はかなり改善するのは事実です。

 

ひびやあかぎれ、肌荒れや傷跡など、皮膚の悩みは人それぞれですが、ヒルドイドは乾燥や血行不良が原因となるトラブルにはとても効果的な薬剤といえます。

 

「こんなことで皮膚科にいってもいいのだろうか」と迷うこともあるかもしれませんが、皮膚科は皮膚に関することならどんなことでも診てもらうことができますので、安心して受診してみてください。

 

忙しい方や自宅で手軽にヒルドイドを入手したいという方は個人輸入を利用してください。

 

普通の通販ですし、処方箋は不要、まとめ買いで1本あたりのヒルドイドが安くかえるなどメリットが多いですし、わざわざ皮膚科に出向いてヒルドイドをチョコット処方してもらうのは面倒ですよね。

 

ヒルドイドの購入方法は?

ヒルドイドは通販できます。

皮膚のトラブルや傷跡の改善など幅広い用途があるヒルドイドは、その保湿効果が注目され、優秀なスキンケアアイテムとして使用している方も少なくありません。

 

テレビで女優さんがヒルドイドを自分が使っている保湿剤として紹介したこともあり、ヒルドイドをどうすれば手に入れることができるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

まず、ヒルドイド自体は処方箋医薬品といって、医師の処方箋がないと購入することができない薬です。

 

そのため、ヒルドイドを手に入れるためにはまず医療機関を受診しないといけません。

 

ヒルドイドは皮膚につける外用薬なので、基本は皮膚科を受診してください。

 

診察を受けて医師にヒルドイドの処方箋をもらって初めて薬局で購入することができるのですが、ヒルドイドを処方してほしくて受診する場合、「皮膚の乾燥が気になる」とだけ言うとヒルドイド以外の薬を処方されてしまう可能性がありますので、「以前ヒルドイドを処方してもらって調子が良かったのでまたヒルドイドが欲しい」という言い方をするのがおすすめです。

 

わかると思いますが、医師もあなたがヒルドイドをスキンケアとして購入したいと知っているので、そう簡単に処方してくれないんです、、、。

 

ヒルドイドはあくまで医薬品のため、医師の判断によってはなかなか処方してもらうことができないこともあります。

 

その場合は無理に頼み込んでも断られる恐れがありますので、受診する病院を変えてみるなどの対策をしてみてください。

 

医療機関でヒルドイドを処方してもらうことができなかったけど、どうしてもヒルドイドが欲しい!というときは個人輸入という方法もあります。

 

ヒルドイドは日本では薬事法により処方箋がないと購入することができないのですが、海外では普通に購入することができます。

 

そうなんです、海外ではヒルドイドは医薬品じゃなくて、薬局で買えるんですよ!うらやましい、、、

 

でも個人輸入で日本からも通販ストアから買えますのでご安心を。普通の通販ストアですが、海外からヒルドイドを日本に発送してくれます。

 

日本の薬局で購入できるものと同じ商品が欲しい場合は、日本から輸出しているものを逆輸入する形で購入することができますが、1本あたり3,000円前後〜と少し割高になります。

 

海外製のヒルドイドなら1本あたり2,000円前後〜と安めに購入できます。箱は英語ですが、もちろん成分、効果は同じヒルドイドです。
 
個人輸入をする場合のメリットは、まとめ買いができるということです。

 

病院で処方してもらう場合、多くても2〜3本しか処方してもらうことができないのですが、個人輸入ならそれ以上の本数をまとめて一度に購入できます。

 

広い範囲に塗布していると2〜3本ではあっという間に使い切ってしまい、また皮膚科に行かなければいけないのですが、まとめ買いをすれば購入手続きの頻度を減らすことができます。

 

個人輸入を扱う業者によっては、ヒルドイドをまとめ買いをすると割引が効くところもあります。

 

時間的にも手間的にも節約することができますので、その点はメリットといえるでしょう。

 

そしてまとめ買いと並んで実感することのできる個人輸入の最大のメリットは、なんといっても「自宅に届く」ということでしょう。

 

病院へ行き、待ち時間や診察時間を経ることなく手元に届くのはとても便利です。

 

忙しくて病院へ行く時間に帰宅できない方や、近くに病院がなく通うのが大変な方など、気軽に通院することが難しい方にとっては、注文さえすれば自宅に届けてくれるというのはとても大きいのではないでしょうか。

 

もちろん日本で処方箋をもらい薬局で購入すれば1本あたり数百円で購入できることを考えると、個人輸入での入手は「病院に行く時間がない」「病院に行くのが面倒」「多少お金がかかってもいいからとにかくヒルドイドが欲しい」「なくなるたびに何度も病院へ行きたくない」という方向けの方法といえるでしょう。

 

ただし、薬の個人輸入に関しては、あくまで自分自身で使用する場合に限っては認められるものが多く、個人輸入したものを第三者に売る、もしくは譲渡することは法律違反になりますので注意してください。

 

そして医師の診察なしで薬を使うことになるので、副作用などが起こっても自己責任になることは忘れてはいけません。

 

ヒルドイドは副作用などが出にくい薬ではありますが、副作用が出る恐れは0%ではありません。

 

ヒルドイドは病院で処方してもらうのが一番安全かつ確実なことは理解の上、個人輸入も信頼できるシンガポールの「くすりエクスプレス」さんなどを利用するなど、より良い方法で購入するようにしてください。

 

私も以前は処方してもらっていたヒルドイドですが、もうかれこれ2年ほどくすりエクスプレスさんから通販してますよ。

 

最高の保湿剤ヒルドイドは自宅でお手軽通販!

個人輸入なら、自宅でヒルドイドを処方箋無しで通販できますよ!
自宅でヒルドイド通販
  • 全国送料無料でお届け!
  • 皮膚科やクリニックに行く暇がない方。
  • 処方箋無しで毎回ヒルドイドを自宅で通販したい方。
  • 皮膚科じゃできない「まとめ買い」をしたい方。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ